· 

インド占星術におけるニューエイジ ~ アクエリアス特集 5

昨日に引き続き、ニューエイジの話題です。

 

 

水瓶座がニューエイジである、という主張は、

西洋占星術というよりは、むしろインド占星術で語られてきたことが、

http://www.kanteiya.com/documents/Pisces_to_Aquarius.htm

を見ると伺えます。

 

 

この記事を書かれた方は、おそらく秘教を学ばれているのでしょう。

もしそうでなければ、秘教で語られていることと、インド占星術の見解の一致に、逆に驚嘆してします。

以下、引用させていただきます。

 

 

 

******************

 

 

 

春分点が地球の歳差運動により魚座から水瓶座に向けて移動していると述べましたが、この春分点というのは地球にとっては特別な感受点であり、アセンダントが個人の性格を特徴づけるように、春分点が在住する星座は地球文明の性格を特徴づけます。

 

 

春分点はおよそ25920年で黄道12宮を一周し、およそ2160年ごとに黄道12星座の各星座を通過します。

 

 

およそ西暦278年頃に牡羊座の0°にありましたが、魚座の方向へ72年に1°ずつ移動し、今現在、魚座の6°付近に位置しています。そして、次に入る星座は水瓶座であることから、新しく到来する時代は水瓶座(アクエリアス)の時代と呼ばれています。

 

 

一方、今現在は魚座(パイシス)の時代と呼ばれ、この時代はおよそ2000年前から始まりました。西暦とはイエス・キリスト生誕を基準としますから、現在はキリスト生誕してから2000年経過しており、それは魚座の時代とほぼ一致しています。

実際、キリスト教とは魚座の宗教です。

 

 

魚座は木星を支配星とする星座であり、献身(自己犠牲)と理想主義を人類の文明にもたらしました。愛、自由、民主主義などの理想が発達したのもこの2000年でした。

キリスト教が愛という理想を示し、キリスト教会を拡大しました。キリスト教ばかりでなく、イスラム教や仏教などの世界宗教が発展しました。

 

 

人類の中に国家、宗教、政党(思想集団)、企業などの様々なレベルの共同体に対する献身的態度が生み出されました。

 

 

魚座は牡羊座から数えて12番目の部屋にあって最も神秘的で隠れた場所を意味することから、宗教は神秘主義や密教という形で伝えられ、ひっそりと人里離れた隠遁的な環境で、その真髄が伝えられてきました。

 

 

魚座の支配星である木星は拡大傾向があるため、国家がお互いの領土を拡大しようとして衝突した帝国主義や、一人の独裁者の意志に国民が従う全体主義、国家同士の間に排他的で自己中心的な、多くの衝突が生み出されたのもこの魚座の時代を特徴づけます。

 

 

つまり、この過去2000年間の魚座(パイシス)の時代においては、理想というものが人類の中に栄え、それに対する献身的態度が生み出されたのですが、自分が所属し崇拝するものに対する献身的態度であるため、しばしば他の理想を所持するもの同士で敵対し合いました。

 

 

それは、資本主義と共産主義の衝突、宗教間の対立、国家間の対立(帝国主義)や2つの世界大戦などに見られます。

 

 

魚座では水星が減衰し力を発揮できないため、しばしば感情的なレベルで対立し、理性を通じて対話をすることが難しい時代でした。

 

 

従って、国家の発展、宗教の発展、経済の発展などは、それぞれの勢力(国家、宗教、国際企業)が排他的に競争しあう中で、それでも発展してきました。

 

 

この2000年間において人類の中に素晴らしい理想が発展しました・・・愛、自由、民主主義、共産主義など。

つまり、イデオロギーの時代とも呼ぶことが出来ます。

 

 

 

 

これから来るべき時代は水瓶座(アクエリアス)の時代と呼ばれますが、まだ春分点が魚座の6°にあるため、実際に到来するにはあと432年程かかります。

 

 

しかし、現在、春分点が水瓶座に徐々に近づいていくことで、地球の文明と文化が水瓶座の影響を受けて変化してきており、その影響はますます強くなっています。

 

 

水瓶座の特徴は、理性と科学、秩序、博愛主義、平等です。

あらゆる個性を持った人々を融合させ、多様性の中に統一をもたらします。

 

 

そこではそれぞれが個性を保ったまま、協力し合い、一つの統一体(グループ)として機能できます。水瓶座の影響によってそうした仕組みが作られます。

 

水瓶座の支配星は土星であり、土星は民主主義や平等を表します。人が人種、国籍、性別、文化の違いを超えて、一体となっていく時代です。

・・・・・・

 

 

インド占星術(ジョーティッシュ)とは魚座(パイシス)の時代に実践されてきたような直感やフィーリング、霊能力に頼る占いではなく、水瓶座の時代、すなわち、理性と科学の時代にコンピュータと論理的思考を駆使して、出生図を解析し、知的に人間個人の運命、国家の運命、はては地球文明の運命---その過去・現在・未来---を予測する新時代のスーパーサイエンスなのです。