· 

新しい変化「非人格化、混合、相互通信」 ~ 『ホワイトマジック』より アクエリアス特集10

アリス・ベイリーの著作の中には、随所にパイシスからアクエリアスへの移行についての記述があります。

 

今回、「アクエリアス」について調べる中で、改めてこのテーマに関連する記述をアリス・ベイリーの著作から調べて見ようと思い立ち、ニュー・エイジに関連するタイトルのついた2冊の本『新時代の弟子道』と『新しい時代の教育』を、まずは調べました。

 

引き続き、他の本に移り、著作リストの最初から調べていますが、

最初の2冊『イニシエーション』と『秘教瞑想に関する手紙』には、索引を調べた範囲では関連する内容は見当たらず、3冊目の大著『宇宙の火』は未翻訳なので、4冊目の『ホワイトマジック』を調べると、意外にたくさん見つかりました。

まずこの本の趣旨から(下・P345)、

 

「個人の発達とアストラル体の統御に関するこの論文では、一つのヴィジョンを与え、二つの大きな時代――パイシス時代とアクエリアス時代――の幕間の時期において必要とされる教えを含み持つ生活規定について詳しく説明してきた。そして、その根底にある目的の一部を次のような言葉で表現してきた。

 

つまり、世界中の大勢の人々に認識され、実際に人間生活のすべての分野で実現されつつある目的である。

それは、計画の専門事項については何も知らない大勢の人々によって無意識のうちに感知され、直観的に従われている。」

 

 

ということです。この文章は、「規定15」の中の「奉仕への呼びかけ」という項目の中に入っています。そこには、次のような文章も見られました。(下・P342~344)

 

 

「熱誠と奉仕へと向かうこの傾向は正しく良いものである。

 この傾向は、将来における人類全体の一般的な意識と装備の一部になるものと見なすべきである。

 

 それは(一六四〇年頃から)強力になってきたアクエリアスの影響力の増大により、着実に表面に現われつつある。

 また、このアクエリアスの影響力は次の二つの効果を生み出しつつある。

 

 一つの効果としては、パイシス(魚座)時代の結晶化した古い形態を破壊し、創造力がグループ概念とグループの計画に表現されるよう創造力を刺激している。

 

あなた方も皆よく知っているように、これが現在の混乱状態の原因であり、この状態は次のようないくつかの言葉に要約することができる。

 

まずは非人格化。つまり国家やグループや諸グループが個人や個人の権利よりも重要であると見なすものである。

 

次に混合。つまり融合し、混ぜ合わせ、密着させる傾向。いずれは人類の交際を特徴づけるようにならなければならない相互関係を生み出す傾向、そして「すべての未婚者の統合」を生み出す傾向である。・・・

 

そして最後に、顕現の主観的側面と客観的側面の両方における様々な単位間やグループ間やグループ連合間の敏感な相互通信である。

 

あなた方は、これらの三つの言葉――非人格化、混合、相互通信――に、現在起こっている顕著な現象を要約してきた。

そして、学ぶ人々は、このように表現されているときの計画について考え、人間の事象においてこれらの傾向が成長しているのを研究するよう促されている。

 

もし歴史のパノラマを労を惜しまずに考察するならば、このような傾向が顕著であるという事実が分かるであろう。

五百年前の歴史を振り返っただけでも、当時は偉大な個人が際立った要因であったという事実が明らかになるであろう。

 

その歴史は、その時期と時代に魔法をかけた強力なパーソナリティーたちの行為に主に関係するものである。

当時、孤立と分離が人間の出来事を支配し、すべての人々が自分自身の土地を得るために戦い、すべての人々が自分の兄弟を忘れて利己的に生きていた。

 

当時は民族間にも人間家族間にも相互関係はほとんどなく、個人的な接触以外には、何ら真の通信手段は存在していなかった。

そして、個人的な接触でさえしばしば不可能な状態であった。

したがって、今後五十年間にますます重要度が高まることになるであろうこれらの言葉について熟考すべきである。」

 

 

私は今年62歳、還暦を回っていますが、振り返ってみると、小学校に行っていた五十年くらい前と今では、本当にまったく違った社会と言ってもよいと思います。

 

半分の二十五年前、当時はまだ身体運動の研究をやっていましたが、その頃一応その分野では世界の最先端をやっていたと言えると思いますが、その多くが今や一般の人もやっていることになっており、それとともに、全体のレベルアップも急速に進んでいます。

 

この10年・5年でも、凄い変化が起きています。

 

そんなわけですから、五百年前のことなど、歴史の教科書でちょこちょこっと史実を学んだくらいで、その頃の時代を生きていた人の意識など、まったく想像できませんが、言われてみると確かにそうなんだろうな、と思います。

 

そして、アクエリアス時代の特徴となるのが

「非人格化、混合、相互通信」とのこと。

 

最初の「非人格化」の傾向はまだあまりはっきりしませんが、

「混合」と「相互通信」は、かなりな程度、そして近年急速に、

進んできているように思われます。