· 

「新時代のグループと訓練」と「カルチャー・クリエイティヴ」 ~『ホワイトマジック』より アクエリアス特集15

昨日に引き続いた文章で、

「新時代のグループと訓練」という項目からご紹介します

(下、P356~358)。

 

 

「内界で働いている私たちにとって、

世界の働き手たちは三つのグループに分けることができる。

 

 

1 真にアクエリアス(水瓶座)的な人々。

 このような人々は少なく、疎らにしか存在しない。

 

 彼らは真に困難な状況下で働いている。というのは、

彼らのヴィジョンが大多数の人々の理解を超えたものであるため、

彼らはしばしば、理解の欠如、仲間の働き手たちへの落胆、

大きな孤独感を味わうことになるからである。

 

 

2 純粋にパイシス(魚座)的な人々。

 彼らは遥かに容易に働くことができ、

周囲の人々から速やかな反応を引き出す。

 

 彼らの行為はより教義的で、包括性に劣り、

分離の精神に色づけられている。

 

 人間の思想と福祉のあらゆる分野で働いている

大勢の働き手たちがこのような人々である。

 

 

3 アクエリアスのメッセージに

反応できるほどの発達は遂げているが、

真にアクエリアス的な方法で働き、

発言することは――まだ――期待できない人々。

 

 

 例えば、彼らは政治の分野において

国際主義の感覚を持ってはいるが、

他の人々を理解しようとするときに、

それを応用することができない。

 

 自分には普遍的な意識があると考えているが、

試練に遭遇したときに、彼らは選別し排除してしまう。

 

 彼らの数は真にパイシス的な人々よりはずっと少ないが、

立派な仕事を行っており、

極めて必要とされる役割を担っている。

 

 しかしながら、

彼らがアクエリアス的な働き手たちに差し出す問題は、

彼らはその理想に反応し、

自分を新時代に属するものと見なしてはいるが、

実際にはそうではないという事実から生じる。

 

 彼らはわずかなヴィジョンを見、理論を理解しているが、

それを行動で表現することはできない。」

 

 

 

現在の社会やそのシステムをつくったベースになるエネルギーが

魚座からのものでした。

 

その中から、組織のリーダーが生まれ、

そのポジションを守るための様々な利権が、

現在の社会およびその制度の中には存在しています。

 

したがって、2の魚座タイプの思想をもち働く人たちには、

仕事がしやすい環境が用意されていて、成功しやすく、

権力の座につきやすい状態が、今の社会にはあるわけです。

 

そんな中、

1の水瓶座~アクエリアスからのエネルギーに反応して、

新しい時代を築こうとしている人たちは、

最初からハンディキャップを負った状態で、

逆風の中で変革を行っていかなければなりません。

改革とは、常にそういったものではありますが。

 

それは、とても大きな負担になる仕事であるため、

そういった改革の必要性は感じているものの、

適当なところでお茶を濁して、

自分の住みやすいポジションを確保している人たちが、

たくさんいます。

それが、3の人たちです。

 

この人たちは、

1と2の媒介者になる人たちで、有効な存在ではありますが、

イマイチ、煮え切らないところがあります。

 

しかし、アクエリアスのエネルギーが日々強まる中、

この人たちの中から、

1へと移行する人たちが増えてきた感じがします。

 

 

この1と3の人たちに関して、

私の尊敬する一人であるアーヴィン・ラズロの著作で

しばしば紹介されていた、

「カルチャー・クリエイティブ」という言葉を思い出しました。

 

この「カルチャー・クリエイティブ」の人たちの多くは、やはり3

(自分自身の心の豊かさを求めることが中心)だっと思いますが、

現在は1(社会全体~グループ意識)に移行してきていると思います。

 

 

以下、以前私が書いていた

「ホリスティック・リーディング」という方のブログから、ご紹介します。

http://holisticreading.blog62.fc2.com/blog-entry-362.html 

 

 

**************************

 

 

社会学者のポール・レイと心理学者シェリー・アンダーソンによって、

13年にわたり10万人を超えるアメリカ人を対象とした

アンケート調査や多勢の個別インタビューの結果、

他の2つのグループと違う特性をもつ群として抽出され、

1998年に命名されました。

 

 

「カルチャー・クリエイティブ」は、

エコロジーや地球環境、人間関係、平和、社会正義、

自己実現そして自己表現に深い関心を寄せ、

その名の通り、

新しい文化を意欲的に創っていく傾向をもつ人たちです。

 

 

ラズロは、『カオス・ポイント』P110~114で、

その特徴を以下のように整理しています。

 

・本とラジオを好み、テレビはあまり見ない

・芸術と文化を愛する

・本物へのこだわりをもち、流行に左右されず、衝動買いをしない

・自己成長への関心が高く、体験型ワークショップ等によく参加する

・自然派志向で、食通。

・新築の家を購入することは少なく、外見をひけらかすことをしない

・自宅で仕事をしたり、友人と一緒に料理をしたりすむことを好む

・プロセス志向で、商品に関しても製造から廃棄までを考慮する

・リーダーシップをもち、人に与えたり癒したりすることを好む

 

そして最後に(P112)、

 

「創造的な人々の文化の最も基本的な特徴は、

ホーリズムである。

 

自然なホールフード[添加物を一切使わず、

不自然な加工も何ら施されていない食物を、

余すところなく食べるという考え方で、

安全な食物であることが大前提となる]、

ホリスティックなヘルスケア、

ホリスティックな内的体験、

システム全体に関する情報、

そして、仕事と遊び、消費と内面の成長の

ホリスティックなバランスを彼らが求めていることに、

この特徴がよく現れている。」

と、述べています。

 

ラズロは、現在のロゴス文明の次に来る文明を

ホロス文明と呼んでいますから、

まさにその担い手であるわけです。