· 

【1/5】エネルギーワークショップ&トーク+ヨガセミナー

Energy WS & Talk + Yoga Seminar

2019.1.5(sat)

 

Part 1 「力丸」から学ぶ、不思議なエネルギーのお話し ~実践体験付き

11:00~14:30 (lunch time 1hour:資材・lunch代込み) 定員15名

指導・解説:加藤 昂司 先生

生体システム実践研究会会員

 

【加藤先生プロフィール】

「人生は二度楽しみたい」

48才から始めた第二の人生への充電中、20数年前に「たま出版」創始者の故・瓜谷侑広氏のご紹介で、生体エネルギー(仮称)に出合う。

「我々宇宙人は宇宙論的証明・・・」の会の目的に接し入会、現在に至る。

その間、中学校の「レクチャー21」の講師として10年間努め、近年は住まいを含めての「場」づくり、美味しくなるデザインを手がける。

 

【Part1詳細】

このWSは、ホリスティック・スペース=アクエリアスによく出入りいただいているネコヨガ・インストラクターMikaさんの故・愛猫が“力丸”という名前で、それとまったく同じ名称の“力丸”という名をもつ優れものの生体エネルギー資材がこの世に存在していた、という偶然の発覚から誕生した企画です。

資材の方の“力丸”は、建築に使うコンクリートをつくる際に使う、一見ただの「水」なのですが、これがただ者ではありません。これを使ってつくったもののそばに行くと、とても気持ちよく、元気になってしまう、という声が続出なのです。

ここは、美香さんの愛猫“力丸”にそっくり。

何でそんなことが起こるのか? そのエネルギーの秘密を知ると色々なことに応用できます。その道の実践経験豊富な加藤昂司先生をお招きして、色々と教えていただく機会をつくりました。

この日は実際に、資材“力丸”を使って各自で簡単なエネルギー・グッズをつくり、それを用いた実験をするなどもしながら、このエネルギーの不思議を実感しつつ学んでいきたいと思います。

(ホリスティック・スペース=アクエリアスでは、これと同じエネルギーの仲間を幾つか使って、心地よい場づくりを心がけています。)

 

Part 2 伝統的YOGA概論 ~「ヨーガの歴史的背景について解説」

15:00~17:00 定員20名

講師:近藤 真由美 先生

米国ヨガアライアンス認定講師(E-RYT500)

インド政府AYUSH省QCI認定 プロフェッショナルヨーガ・ティーチャー

米国補完医療大学アーユルヴェーダ メディスン プラクティショナー

 

【近藤先生プロフィール】

西インドの老舗YOGA「Kaivalyadhama」で学術的リソースによる伝統的 ヨーガの理論と技術を学び、日々探求。

「Kaivalyadhama」 O.P.Tiwari Pranayama courseに毎年参加し、プラー ナヤーマの適切な指導を受けている。

監修書籍に、朝日新聞出版「やさしいヨガプログラム」「ゆるめるヨガプログラム」等がある。

 

【Part2詳細】

「アクエリアス」は、ホリスティック・スペースと名づけたように、様々な取り組みができるよう、フローリング部分も設けました。

そこでの活動の中心はやはりヨガになるかと思いますが、新年早々に、今大ブームのヨガが今後どんな方向に向かう(べきな)のかを考える上でも重要な、これまでの歴史全体を振り返ってのお話を、伺える機会をつくることができました。

 

講師でお呼びする近藤真由美先生は、アクエリアスの主宰者=神尾学がしばらく在籍させていただいたUTL(アンダーザライトヨガスクール)で隣の机で仕事をしていた関係で親しくさせていただき、ヨガ部門のオープニングでお話いただくのにふさわしいキャリアと実力のある指導者ということでお招きしました。

 

全米やインド政府公認の資格事情にも詳しく、ヨガインストラクターの育成に経験豊富な真由美先生が、現代のヨーガ業界史ではなく、インドayush省の発信する内容を元に易しく、数千年の流れを一気に語ってくださいます。

特に今インドで起きている職業資格としてのヨーガについても触れていただきます。

ヨーガとは「?」と感じている全ての方が対象です。

 

懇親会 17:00~18:00 (参加無料)

近藤真由美先生を囲んでお茶会をします。

(極上のロースウィーツ+国産オーガニックハーブティー付)

お時間のある方はぜひご参加ください。

 

【参加費】

Part1 or 2 ¥5,000

Part1 & 2 ¥8,000

 

【申込み方法】

氏名(ふりがな)、住所、連絡先(当日つながる電話番号)、メールアドレス、

希望Part(1 or 2 or 両方)をメールでご連絡ください。holist.aquarius@gmail.com

 

【開催場所】

ホリスティック・スペース=アクエリアス

東京都中央区日本橋馬喰町1-5-10 林ビル4階(1階が日高屋のビル)

JR総武線快速 馬喰町駅・都営新宿線馬喰横山駅 1番出口より徒歩1分

https://www.holisticspace-aquarius.com/

holist.aquarius@gmail.com

 * * *

 

(2018.12.6追記)

まず、第1部ですが、

「エネルギーワークショップ&トーク」

と名付けましたが、これだけでは漠然としていて、

何かよく分からないと思いますが、

ここでお伝えしたいことは、

 

アクエリアスでの活動を始めて以来、

訪れた人たちの中から、

「予想より、すごい素敵!」

「すっきりして、良い場ですね」

「ここ、広くて気持ちいいですね」

といった感想を、(ほぼ皆さんから)いただいています。

 

それには、そうなるように、

様々な配慮・工夫をしてきたつもりですが、

部屋のエネルギー場を高めるために、

私が20年以上前から関わっている、

 

佐藤政二さんという方が始められた、

「生体システム実践研究会」

で開発された資材などを4つくらい使っており、

それがある程度、効果を発揮していると思っています。

 

佐藤政二氏と「生体システム実践研究会」については、普段は

ほとんど滅多にご紹介することはなくなってしまっていましたが、

これまでほんのときどき、通算すると何度か、

(前の「ホリスティック・リーディング」も含めた)ブログ等で

紹介しておりますので、そちらも検索していただければ、と思います。

 

それがどんな仕組みなのか、

エネルギー効果を実感できるワークを組み込んだお話企画を、

考えました。

 

でも、これは、最初からやろうと思っていたわけではなく、

下記にあるように、まったくの偶然から立ち上った企画でしたが、

でも、多分、とても面白く、また実用的にも活用できる内容になると

確信しています。

 

(やるからには、どれも、なのですが)

絶対お勧め企画です!

明日ご紹介する、第2部のヨガ講座も続けてご参加の場合は、

割引がありますので、併せてご検討ください。

 * * *

 

(2018.12.7追記)

後半=15:00 ~17:00(引き続き、懇親会~18:00)

伝統的YOGA概論 ~「ヨーガの歴史的背景について解説」

のお知らせをさせていただきます。

 

アクエリアスでは、フローリング部分を用意して、

ヨガを中心にしたボディ・ワークも色々やっていきたいと思っています。

 

「ホリスティック・スペース」と名付けたからには、

「ボディ・マインド・スピリット」に関しては、

一通り、きちんと押さえておきたい、と思っています。

 

(それだけではなく、サティシュ・クマールの言う、

「ソウル・ソイル・ソサエティ」も、です。

「ソイル」はなかなかできませんが、

前半の「力丸」ワークは、それに当たるものですね)

 

 

それでも、今は至るところにヨガ・スタジオなどができ、

どこでもやっているものをやってもつまらないので、

どういうところで、アクエリアスの特徴を出していこうか?

色々検討を重ねるうちに、あっという間に、時間が過ぎ、

 

年内は、12月24日(日)にお招きする、
本山一博先生と工藤ゆみさんが、

ヨガ関係者と言えばヨガ関係者ですが、

それ(と私の『魂の光』講座)以外は、

ヨガについてのプラグラムは、できずじまいでした。

 

そんなわけで、

この1月5日の近藤 真由美 先生の講座が、

アクエリアスでのヨガ企画の、本格的スタートとなります。

 

私はヨガ界との関りは40年以上と、結構長いのですが、

私が知っていたり、関わっていたのは、

今の主流の流れではなく、そのひと昔、ふた昔前のものでした。

 

それが、4年くらい前から、

今の主流のヨガブームの流れを生み出したとも言える、

アンダーザライトヨガスクールと関りができ、

一時は系列会社の社員として招かれてお世話になった、

という経緯があり、それがなかったら、

新しいヨガの流れとは無関係だったと思いますが、

一応その流れの一端もその中に入って味わうことができました。

 

考えてみると、不思議な縁とも言えますが、

実は私は、こういった分野に進んだきっかけとなった

沖正弘氏およびヨガという文化に関しては、恩義を感じてきて、

時々沖先生のことを思い出しては、

「ヨガ界に、恩返しをさせてください」

とお祈りしていたこともあったのでした。

 

そんな思いが、今日まで、着くか離れるか微妙なところで、

ヨガ界との関りを続けてきた源にあったのかな、と思います。

 

 

さて、今回講師としてお招きする近藤真由美先生は、

今若い人たちに流行のメインストリームのヨガの中の、

ベテラン・ティーチャーという感じの方で、

ヨガに関連する幅広い知識をお持ちの方です。

 

プロフィールは、

 

米国ヨガアライアンス認定講師(E-RYT500)

インド政府AYUSH省QCI認定 プロフェッショナルヨーガ・ティーチャー

米国補完医療大学アーユルヴェーダ メディスン プラクティショナー

 

西インドの老舗YOGA「Kaivalyadhama」で

学術的リソースによる伝統的 ヨーガの理論と技術を学び、

日々探求。

 

「Kaivalyadhama」 O.P.Tiwari Pranayama courseに毎年参加し、

プラー ナヤーマの適切な指導を受けている。

監修書籍に、

朝日新聞出版「やさしいヨガプログラム」「ゆるめるヨガプログラム」

等がある。

ç?»å??ã?«å?«ã?¾ã??ã?¦ã??ã??å?¯è?½æ€§ã??ã??ã??ã??ã?®:1人ã€?ã?¹ã??ã?¤ã?«
 

近藤真由美先生とは、私がアンダーザライトヨガスクールの系列会社でお世話になっていたときに、隣の机で仕事をしていた関係で親しくさせていただき、ヨガ部門のオープニングでお話いただくのにふさわしいキャリアと実力のある指導者ということで、お声がけさせていただき、快くお引き受けいただいた、という次第です。

 

 

今のヨガ界を見ていると、米国ヨガアライアンスに加え、インド政府認定資格なども普及し始め、200時間くらいのトレーニングを受けたインストラクターが次々に生み出されているものの、

特に米国ヨガアライアンスの方は資格取得のプログラムもそれぞれ違うので、その中で習得できるのは広範にわたるヨガの専門的知識のごく一部ということになり、

 

資格を取得した後も継続的な学習・トレーニングをしていく必要になりますが、どのような方向に学習~キャリアを積み上げていけば、自分の目指す専門家の道を歩めるのかが分かりにくくなっていると思うので、その全体的な地図を、真由美先生から教えていただければ、自信をもって歩んでいけるのでは、と思っています。

 

 

そんなわけで、全米やインド政府公認の資格事情にも詳しく、ヨガインストラクターの育成に経験豊富な真由美先生に、まずはインドでスタンダードとされる情報に基づき、数千年の流れを一気に語っていただきます。

 

特に今インドで起きている職業資格としてのヨーガについても触れていただきます。

今回を皮切りに、特に若手インストラクター(やこれらかそれを目指そうという)方たちの知りたい疑問にこたえるような講座を、継続してご指導いただく予定です。

 

最初のスタートから、ぜひ、一緒に勉強していきましょう!