· 

(報告)【9/29】インテグラル理論 基礎講座(1day)

9/29インテグラル理論基礎講座 参加レポート

 

基礎講座とはいえ実践的な内容でしたが、ケンウィルバー似の鈴木規夫先生の講義は、すっきりとまとまったミスのない美しい演奏のようでした。

 

特に響いたのは、

「大人は助け合う文化がないが、大人は助けてもらうと大きな実力が発揮できる」という点。

 

子供に対しては、「子供だから」という理由で多くの場合自然と手を差し伸べますが、大人になるということはなんでも自分でできて当たり前、自立してこそ一人前といわれたりします。

 

ですが、手を差し伸べられた大人は、その助けを最大に受け取って発揮することができるというケースがあるとのこと。

 

自分自身のことで考えると、セラピー自体がほぼそういうことですよね。

 

セラピーなどのケアを受けるということは、自分の心身の調和を誰かに助けて(支援して)もらうことだから。

 

これは先日のタッチケアでも思い至った点です。

 

セルフタッチングではリラックスできなかったが、タッチケア(ハンドトリートメント)を受けたらリラックスできたという話がありました。

 

誰かと触れ合うことは、「一人じゃない」ことを実感することで、そこから安心、癒しにつながる支援でもあります。

 

また、「メタ的に構造をとらえる意識」というのは、やはり秘教と相通ずる部分ですね。

 

11月からはインテグラル理論の中級講座が始まります!